忍者ブログ
GHT
80 80 80 80
80 80 80 80
[132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おフランス旅行日記ようやっと最後です!!フィニッシュです!!

大量なブレブレ写真とタラタラ長い日記にここまで長いことお付き合い
ありがとうございましたありがとうございました…!!旅行記楽しいです…!^////^
実は今年の夏休みにバリへ行ってきたのでまた書きたいなぁなんてゴニョゴニョ…!



・‥…━━━☞・‥…━━━☞・‥…━━━☞・‥…━━━☞・‥…━━━☞・‥…━━━☞・‥…━━━☞


■ヴェルサイユ宮殿■



パリ地下鉄ヴェルサイユ・シャンティエ駅からひたすら歩いてやってきました!
フランスに来たらやっぱりここは来るべきでしょう!ヴェルサイユ宮殿!
ヴェルサイユ宮殿は1682年にフランス王ルイ14世が建てたおフランスの宮殿です
この豪華な正面入口からではなく横の入口から入りましたなんというフェイク!





ヴェルサイユ宮殿、割と小さいといったら語弊があるんですが割と低かったです
なんかもっとこうルーヴル美術館みたいな若干見上げる高さがあるのかなって!(・∀・)
いえ決して低いわけではないんですけども思ってた豪華なお城イメージとは違ってました
といっても落胆とかはありませんけどね断じて!もう既に豪華ですヴェルサイユ!!!

というわけで入館チケットも買ってレッツゴーヴェルサイユ!





通路を進んでしばらくしてお目見えするのはこちらの王室礼拝堂です
宮廷では通常毎日午前10時に王のミサが執り行われていたそうですが
このミサは階上廊の王の特別席で行われていたそうですが王が地上階の身廊に降りるのは
王が聖体を授けるような盛大な宗教祭典や聖霊騎士団の式典、洗礼の儀式や王の子供たちの
結婚式など、1710年から1798年間に開催された特別な儀式や祝典にのみ限られていたそうです





こちらは王の大居室の最初の部屋であるヘラクレスの間の天井画です
ルイ14世の死により10年間もの間中断されていたこのヘラクレスの間の工事は
1736年まで続き(工事開始は1712年)その間フランソワ・ルモワンヌが3年をかけて
巨大な天井のヴォールト(かまぼこ型の天井様式)にヘラクレスの栄光を描きました





こちらはヴィーナスの間
ヴィーナスの間というだけあって天井には愛の女神ヴィーナスが描かれています
他にもディアナの間、アポロンの間、マルスの間等などギリシャ神話の神々の
名前が付けられた部屋を通って奥へと進んでいきますがどこも豪華絢爛です
相変わらず人の多さを理由にまともな写真が撮れなかった私です…(´・ω・`)

ちなみになぜ神話の神々の名前かと言いますとこちら本来の意味は惑星でして
ヴェルサイユ宮殿全体の装飾のインスピレーションが太陽系を意味してるそうです





居室を過ぎるとこちら有名な鏡の間です!しかし肝心の鏡が撮れていない!
写真撮影のセンスの無さは身内の折り紙付きです!!!!(涙声)
いや違うんです人がいっぱいでそもそも鏡が上手く写りこまなくてあのそのえっと
人があんまり写らない方がそりゃ画的にもいいだろうなって思ってたらこんな感じで
天井ばっかの写真になっちゃったっていうかあのそのえっとほんとすんません(涙声)





さぁ写真のセンス皆無っぷりは置いときましてこの鏡の間ですが
こちらは当時主に儀式や外国の賓客を謁見するために使われていた部屋だそうです
1871年にドイツ皇帝ヴィルヘルム1世の即位式が行われたのと他、第一次世界大戦後の
ドイツとの講和条約であるヴェルサイユ条約が調印された場所でもあります

綺麗な鏡の間の画像は天下のウィキさんに載ってるのでそちらをどうぞ!。゚(゚^ω^)゚。







鏡の間、その突き当りの平和の間を通り抜けると王妃の寝室です!
かの有名なマリー・アントワネットなど多くの王妃がここで出産などを行ったそうです!
少女が夢見る天蓋付きベッドってやつですね!ヒエエエエ豪華!こいつぁ豪華だぜ!
個人的にはこういう装飾ミッチミチの部屋は落ち着かなくてしょうがないんですが
これがやっぱり当時の権力の証だったんですね(`・ω・´)

あと全然気付かなかったんですがこのベッドの左側には
出産の際に付き人が出入りするための簡素なドアがあったようです
豪華さに気圧されて地味なドア全然気付きませんでした…(´・ω・`)





中を一通り見学したらレッツおやつタイムです!
キカさんが行ってみたいとおっしゃってたヴェルサイユ宮殿の中にある
パリの老舗ケーキ屋アンジェリーナさんのモンブラン!

もちろん見た目通りの美味しさでした(*´w`*)ウマウマ
というか店員のおじさまがナイスミドルでした惚れた





お外に出まして庭園です!広いです!眩しいです!

上空から見たら例の夢の国のネズミに見えるというヴェルサイユの庭園です!
いやこの日の晴天っぷりがほんとに素晴らしかったです!なんというお散歩日和!
こちらの噴水庭園、宮殿よりも1万人以上も労力をかけて造られたそうですスゲェ

この噴水庭園にはルイ14世の

「水なき地に水を引く」「貴族を従わせる」「民衆の心をつかむ」

といった3つの意味が込められているそうです
実際最後の民衆の心をつかむといった点ではルイ14世はヴェルサイユ宮殿を
民衆の誰もが入れることを許し、民衆に庭園の見方を教える「王の庭園鑑賞法」などという
ガイドブックまで発行していたようで…毎夜の祭典や舞劇に民衆は酔いしれたそうです

太陽王ってば太っ腹(^ω^)





宮殿と一緒にパシャリ!青空ってイイネ!
ところでおフランスの上空は飛行機雲がめちゃくちゃ多いです
上の写真だと一本ですが多い時だと5,6本尾っぽひいてたりしますすげぇなおい
観光客が多いからなのか空港が近いからなのかフランス上空を飛ぶ旅客機が多いのか







いやしかし庭園の広いこと広いこと
到底全部まわりきれるわけありませんでした(ヾノ・∀・`)
さすが当時の貴族たちは馬車移動していただけあります
実質ミッキーの右耳あたりまでが限界でしたわ…\(^ω^)/全部はムリダヨー!!
どうやら今でも馬車ツアーはあった様ですが今回は時間的にもここでおしまいです////



・‥…━━━☞・‥…━━━☞・‥…━━━☞・‥…━━━☞・‥…━━━☞・‥…━━━☞・‥…━━━☞



ちなみに余談なのですが

私実は前回のルーヴル美術館にて

迷子になりました


見知らぬ土地で!言語もわからず!ただひとり!


迷子になりました!!(復唱)


だだっ広いルーヴル美術館で見事に泉さんキカさんとはぐれました!
やばいです!ルーヴル美術館なめてました!あそこではぐれたらアウトです!
「まぁ一周したらどっかで会うべ~( ´,_ゝ`)」とか思ってました!無理です!
いや普通にお互い「入口で待てば閉館時間には会えるはず」と思ったのですが!



わたくし!!はぐれた焦りで入口すらも間違え!!



迷子に!!!なりました!!!(合唱)



結論から言うとなんとか一人で電車にも乗れ、ホテルまでたどり着くことができました!
無意識に溜まった疲労でそのまま部屋のベッドで爆睡してしまったのですが生きてました!

何が良かったって

フランスの方々がめちゃくちゃお優しい…ッッ!!!

英検3級の私のションボリレベルの英語を頑張って理解しようとして下さいました…!
フランス人はフランス語しか喋らないなんて聞いてましたが英語話して下さいました…!
路頭に迷った哀れな日本人を助けて下さったお子様連れのお母さま、警察官おふたり
ナンパっぽく話しかけてきてくれたと思いきやそのまま道を教えてくれたお兄さん
祖母母孫の2世代でお出かけしていたご家族お三方に遠い地からありがとうございますと…!

最後のご家族にいたっては駅で券を買う場所、ホームの入口などなど
わざわざ道案内までして教えて下さってほんともう…!!涙出るかと…!!

そして泉さんキカさんにもご迷惑かけてしまってアヴァァ。゚(゚´ω`゚)゚。スンマセン!
とやらなんやかんや思い出たくさんありがとうございましたッッ!!/////



\終わりにゃ!/


おフランスにゃんこ in ヴェルサイユ

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。


カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
FRIEND
”link” k3
素敵企画様【参加】
pixiv
drawr -家鴨-


別垢の家鴨として落書き投下してます
角飛以外の妄想とかを時々垂れ流し中

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]